注目キーワード

【前向きに妊活をする方法】妊活が上手くいかず悩む時に考えたい、今だからこそ楽しめること。

妊活をしていると毎月自分の体に振り回される。排卵が来たらうきうきしながらタイミングを図り、リセットがきたらまた今回もダメかと落ち込む。ばっちりタイミングを図れたのになんで?いつまで先の見えない妊活し続ければいいんだろう?

筆者も結婚して2年目になり、自己タイミングを経て、クリニックに通うことにしました。幸いにも私は異常なし。でも先が見えない辛い妊活。普段テンション高めなのですが、リセット前後は本当にネガティブな気持ちになります。まだまだこれからだと分かっていてもどうしても毎月悩んでしまう。そんな自分に自己嫌悪になりまた苦しくなり、悪循環。

そんな自分に疲れた時、ふと、「今の環境だからこそ楽しめること」に目を向けなきゃと考えるようになりました。そんな前向きな気持ちになれた理由は、こちらの記事にまとめているので良かったら覗いてみてください。

関連記事

転勤族の妻(転妻)になり、最初はフレッシュな気持ちで楽しめていた地方での生活。それが半年経過した頃、孤独感・寂しさ・妊活・就活、いろんな悩みが尽きなくなり、鬱っぽいような、自分が自分じゃないような気持ちになった。そんな時に、私がふと実[…]

 

今の環境だからこそ楽しめることを考えて実践する

私なりの「今の環境だからこそ楽しめること」を改めてブログにまとめたいと思います。妊娠中や子供がいたら満足に出来ないことや、夫婦2人暮らしだからこそ出来ること。私の忘備録でもありますが、同じように悩んでいるみなさんが少しでも前向きになるきっかけになれば嬉しいです。

 

今の環境だからこそ楽しめること

  • 妊娠していたら/子供がいたら出来ない遊び・旅行を計画する
  • 少し治安が良くない国にも訪れてみる
  • 全国各地、行ってみたいところに行き夫婦で思い出づくり
  • キャンプなどアウトドアな趣味にハマってみる
  • 仕事で出張があれば、各地の美味しいものを存分に楽しむ
  • 飲み会に参加する(特にリセット後。笑)
  • 豪華な親孝行をしてみる
  • 実家に出来るだけ帰省して、家族との思い出を作る
  • まだ元気でいるおばあちゃんに沢山会いにいく
  • かわいい姪っ子に、思う存分オバ活する
  • 夫婦でゆったりと晩酌を楽しむ
  • 夫のボーナス月には背伸びして豪遊してみる
  • 美容代をケチらず、まつげやネイルなど自分磨きを楽しむ
  • 今の体型だからこそ楽しめる洋服を着ておしゃれを楽しむ
  • 普段飲まないような厳選された美味しいコーヒーを煎れる
  • 自分の時間がたっぷりあるうちに、勉強や読書を沢山する
  • 時間をかけてゲームにハマってみる
  • 気のむくままに散歩をして、小さな発見をする

 

まだまだありそうですが、ざっと思いつくままに書いてみました。まとめてみたら、今の生活にとってもワクワクしてきた。夫がいて、自由な時間が沢山あるって幸せって改めて気付けました。いつか授かる日を楽しみに今ある貴重な時間を思う存分楽しんでいきたいと思います。

 

 

前向き思考になれる本を手に取ってみる

私自身、行き詰まった時には心が明るくなったり前向きになったり出来るような本を買って読んでいました。

時には自分の悩みのちっぽけさに気付いたり、自分の良いところや日々の小さな幸せに気付けたり。自分とは違う人の考え方を知ることで、改めて自分自身を客観的に見つめ直すことができるので、少しでも前向きになるためにオススメな本をご紹介します!

 

1)『100%の前向き思考―生きていたら何だってできる!一歩ずつ前に進むための55の言葉』(猪狩ともか著)

地下アイドルの猪狩ともかさんの実話です。

26歳のある日、下半身不随になり、自力で立つことさえできなくなった。それでも前を向き続けた彼女は、車椅子生活になりながらも復帰。そんな彼女を支えていた、前に進むための“55の言葉”について書かれています。

 

2)『きっと明日はいい日になる』(田口久人著)

Instagramに1日1篇欠かさず詩を綴りつづけ、フォロワー数39万超となった田口久人さんが書かれた本。

仕事、家族、人生などをテーマとした言葉を綴り、「心に響く」「救われる」と話題に。 200万いいね!を集めた、読むだけで前向きになる182の言葉がまとめられています。

 

 

3)『1分で気分転換! 4行で前向きになれる言葉』(久保博正著)

理屈を語るのではなく、たった4行の言葉で前向きにしてくれる本。簡潔な文章が好きな方、あまり本を読む時間が取れない方にオススメです。

 

参考になれば嬉しいです。